突然立てなくなったオレオ

突然立てなくなったオレオ

  • オレオの除角(01/26)
  • オレオの日記(12/13)
  • ゆきの近況 (05/08)
  • 初ヒート(03/20)
  • ゆき脱走(03/07)
  • ヤギさんパワー(01/30)
〈記録〉
8月20日(日曜日)までは変わりなく飛び跳ねてた オレオ

  21日(月曜日)の朝,、右後ろ足の動きが悪くバランスを崩して 時々こける
足首の辺りを倒れてぶっつけたのか?、少し出血確認丁度その時3~4m先に蝮を発見!え!噛まれた?
しばらく様子を見ていたが、傷口が腫れる様子も、熱が有るようにも無いけど、念のため獣医師の往診を依頼する。
 様子を見て、
・蝮に噛まれても死にはしないけど腫れたり、熱が出る。ぶっつけて痛めたのだろうと、消炎剤とビタミン剤の注射をして様子を見ることに

 22日(火曜日)朝から 全く立てない 寝たきり状態 再診 腰麻痺の疑いは?
・小型ヤギに腰麻痺の可能性は低い けど もし腰麻痺なら予防は出来ても発症したら治療法は無い
 結局 原因不明で 治療の仕様がない「これはもう駄目よ」だそうな うそやろ~!!

立てないけど 食欲は有る オレオは生きようとしてるのに!


諦めきれずにヤギグループのサイトに症状を書き込み アドバイス要請
直ぐに沢山のアドバイスが来て ありがたかった~(^^♪
やはり 腰麻痺の可能性が大 そして腰麻痺を発症しても治療は可能 早い時期にイベルメクチン系の薬剤投与
アドバイスの おかげで 医師にお願いして 治療が進められます。

 牛が感染源 【脳脊髄糸状虫症】 媒体はフィラリアと同じく蚊が卵を運ぶ 糸状虫は脊髄の神経に入り込み悪さをするが、ヤギの体内で成虫になることは無く2~3週間で死滅するので それ自体で死亡することは少ないが 神経をやられるので 色々な所に麻痺が出 最終的に、栄養不良や転倒で死ぬことが多い。2~3週間から数か月のリハビリが必要

 21日右後ろ足に異変 消炎剤とビタミン注射
 22日夜 買い置きのイベルメクチン系フィラリア薬投与 寝たきり状態
 23日イベルメクチン注射 足のマッサージ開始
 24日家畜保健所の血液検査&検便
 25日イベルメクチン投与 リハビリ開始
 26日イベルメクチン投与
 27日立たせてやると 自立出来るようになる
 28日時々自分で立とうとする
 30日立ってる時間が長くなる 転倒注意
 31日時々 自立する 倒れ方もお尻から上手に崩れるようになった。がんばれオレオ!( ^ω^)・・


・9月4日追記↓
9月1日赤ちゃんのハイハイの始めの頃のように、前には進めず 後ろへ後ろへ螺旋(右半身に麻痺が出ているからか?)に、後退して倒れる。
 顔にも、麻痺が出ているので、反芻時によだれがひどい。

20170905013023.jpg
 
  3日腰が安定しないが、前に進み始める。立ち上がる事が多くなり硬い玄関での転倒が怖いので ハウスを土の外へ移動
    動物の弱っているのを感知するのか、刺しバエが大量に寄って来る。ハエ叩きで叩くと真っ赤になるほど血を吸ってる
    (# ゚Д゚・) 蚊帳で防御・・・・

  20170905013023_20170905013049.jpg
血液と便の検査結果
20171013171919.jpg
線虫卵の数値にびっくりです。コクシジウムも検出。

・BUN、T-bil、GGTがやや高く、多少肝機能が低下している可能性があります。
・(血球計算機が山羊に対応していないので 血球数は参考値と見てください。)
・糞便検査で、線虫卵が検出されているので苦衷をおねがいします。

20171013172017.jpg
10月10日現在 まだ少し麻痺はありますが、元気で食欲もあります。
関連記事
  • オレオの除角(01/26)
  • オレオの日記(12/13)
  • ゆきの近況 (05/08)
  • 初ヒート(03/20)
  • ゆき脱走(03/07)
  • ヤギさんパワー(01/30)
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索